LOADING...

POST

山形県&福井県に行ってきました!

こんにちは!

最近、ベッドのシーツを新調しました坂本梨紗です!
何故か最近は「紫」が好きで、シーツも紫のものを買ったのですが…
ネットで調べたら、この色を好む時期は精神性が高まっている証拠なんだとか。
芸術的才能が芽生えやすい時とも!!
芸術とは無縁の私なのですが…
何か、私に変化が起きつつあるようです!乞うご期待!!笑


さて、このブログでお伝えしている坂本梨紗の全国珍道中。笑
「三菱電機Going Upキャンペーン全国キャラバン」今回は山形と福井の旅をまとめてご紹介!

山形


手前が旧県会議事堂、奥が旧県庁舎
山形には初めてお邪魔しました!

今回ブースを出したのは、YBCラジオフェスタの会場内。
雨が降ったり止んだり、スッキリしないお天気の中でしたが、
パラスポーツ人気の高さを物語るようにブースには多くの方が足を運んでくださいました!

折角なので山形らしい場所で写真が撮りたい!とリクエストたところ、
地元の方が案内してくださいました(^^)
会場のすぐ近くに、旧山形県庁舎(文翔館)と旧県会議事堂が✨
レンガ造り洋風な建物は、ヨーロッパ貴族のお屋敷のようでとってもロマンチックな趣き(*´ω`*)
ドラマの撮影などでもよく使われるそうです!

この旧県庁舎と旧県会議事堂は明治44年に大火消失し、大正5年に復興建設されたんだそうです。
ふだん離れた地域の歴史を知る機会は中々ありませんので、とても良い機会でした!
美しい建物にうっとり、ずーっと眺めていたくなるほどでした。
またゆっくりお邪魔したいです(^^)

同じ敷地内に「湯殿山神社」という小さな神社があり、ご挨拶へ(^^)
境内に「おもかる石」と呼ばれるものがあって、「?」と思い説明書きを見てみると…

「石を持ち上げた時に感じる石の重たさが軽ければ願いが叶う、
重ければ更なる努力が必要。」


”願い事に見合う重さを想像しながら”石を持ってみると…


お、重い!!!!!重すぎる!!!!!笑
私が叶えたい事を実現させるには、まだまだ努力が必要のようです…
皆さんも湯殿山神社へ行った際はお試しあれ!

福井

福井も初めてお邪魔しました。

新幹線を乗り継いで、めがねのまち・鯖江へ!
さすが「めがねフレームの国内生産シェア9割」のまち、
見かけた公園のベンチの背もたれや遊具のかざりがすべてめがねの形!!
めがね愛を感じます(*´ω`*)
私はお仕事の時はコンタクトですがプライベートではめがねの事が多いです。
小学生の頃からめがねを使っているので、めがねへのこだわりも人一倍…ではないですが(笑)
やっぱりいつか、上質な鯖江のめがねを使ってみたいです!


ちなみになぜ鯖江市がめがねの産地として有名になったのか調べてみたところ…

鯖江市がめがねを作り始めたのは1905年(明治38年)のこと。
当時鯖江で議員を勤めていた「増永五座衛門」という人が、日本で広まりつつあっためがねを
地域活性化のために鯖江で作ろう!と思い立ったのだとか。
雪深い鯖江は冬になると農業が出来なくなってしまうため、農業の代わりになる事として始められたそうです。

…なるほど。増永さんの想いがまさに実現したんですね(´-`*)
時間があったら「めがねミュージアム」にも行ってみたかったなぁ。。
また今度♪



イベントは、サンドーム福井という大きな会場で行われました。
「日本全国グルメ博」というイベントの中にブースがあったので、
目の前には美味しいもののオンパレード…
でも食べられないという拷問のような状況にもめげずに頑張りました!笑
でも、控室で頂いた「メイシャローズ」という福井のお菓子がすごく美味しかったです^^
もちろんお土産にGETしてきましたよ~♪

いつもあっという間の旅なんですが、
その土地の空気や人に触れる、という経験はとても貴重で嬉しく思っています。


「三菱電機Going Upキャンペーン全国キャラバン」で巡っていないところはあと5か所!
引き続き、障がい者スポーツを広めるお手伝いが出来るように頑張ります(*^^*)



風邪が流行ってきました(>_<)
皆さん体調どうぞお気を付けくださいね!


湯殿山神社の【おもかる石】

記事一覧

ページトップへ