LOADING...

POST

新型コロナウイルスのこと

こんにちは!


テレビやラジオから聞こえてくる「新型コロナウイルス」のニュース…

このブログをご覧の方が、どうか感染を防げていますように(>_<)


ちょっと遠くの事と思っていたことが
すぐ近くまで迫ってきている不安は何とも言えませんよね。

色々なところですでに情報を入手されている方も多いと思いますが、
私も調べた事を含め、元ナースとして
『新型コロナウイルス』について分かる範囲で書きたいと思います。


皆さんの不安が少しでも和らぎますように。

そもそも新型コロナウイルスって?

まず、『コロナウイルス』というウイルスは、
一般的な風邪を引き起こす原因のウイルスのひとつとして普通に存在しています。

ヒトに感染するコロナウイルスは6種類あって、
その中で深刻な呼吸器疾患を引き起こす恐れのあるものが2つ。

それが
【SARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルス】と
【MERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルス】です。
この二つ以外は、感染しても風邪程度の重くない症状にとどまります。

そして、今回中国の武漢で発生した原因不明の肺炎が、
新しいコロナウイルスの仕業であると分かり、
「新型コロナウイルス」と言われています。

これには現在『COVID‐19』という名前が付けられています。

致死率について

WHOの発表では、新型コロナウイルスによる致死率は2パーセントと言われています。


厚生労働省や国立感染症研究所のデータを調べると、
致死率の高さの順番は、

SARS(約10%)・MERS(約35%) > 新型コロナウイルス(約2%) > 季節性インフルエンザ(約0.1%)

となります。


重症化せずに済む場合がほとんどのようですが、
高齢者の方や基礎疾患(高血圧や糖尿病など)がある方は
病状が悪化しやすくなる可能性があるので注意が必要です。



身を守るためにはやはり予防を徹底すること!


新型コロナウイルスの感染経路は【飛沫感染】と【接触感染】です。


<飛沫感染>
感染した人のくしゃみ・咳・唾などの「飛沫」と一緒にウイルスが対外に放出され、
別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染すること。

<接触感染>
感染した人がくしゃみや咳を手で押さえた後、
ウイルスのついた手で周りのものに触れてウイルスがつき、
別の人がその物に触ってウイルスが手に付着、
その手で鼻や口を触って粘膜から感染すること。


この経路を遮断してしまいましょう!!

予防法

①手洗い
洗えているようで洗えていない方、実はとても多いんです!

手のひらのシワの間や爪のまわり、、
小さな小さなウイルスは、そういうところに隠れていますよ!
外に出たときや、たくさんの人と接した時、
「汚れたかな?」と思ったらその都度手洗いをするようにしましょう!

②アルコール消毒
コロナウイルスは、エンベロープと言われる脂質性の膜を持ったウイルスです。
このエンベロープウイルスには、「アルコール消毒」が効くのです!
(ちなみにインフルエンザや風疹のウイルスもこのエンベロープウイルスです)

アルコール液をたっぷり手に取ったら、水滴がなくなるまでしっかり刷り込んでください。


③マスクの着用
ウイルスそのものは市販のマスクの網目よりずっと小さいため、
ウイルス自体の侵入を防ぐことはできません。
しかし、咳やくしゃみと一緒に出た水分を含んだウイルス(飛沫)はマスクに引っかかります。
感染した本人が飛沫を出さないためにマスクをすることは、周囲の人たちにとって十分効果的です。


④感染者に近づかない
感染している人と距離を保つことで感染のリスクを大幅に減らせます。



他にも、日常生活を整えて体を元気な状態に保っておくこともとても重要です。
暗いニュースで笑顔が減ってしまいがちですが、
笑うと免疫力もアップします!

笑える(といいな…)ウチのネコの写真を載せますのでご覧ください!


すでにご存知の事ばかりでしたらごめんなさい。
私がお伝え出来る事で皆さんのお役に立ちそうな情報がありましたら
またブログに書きたいと思います。


皆さんが毎日健康で楽しく過ごせますように!


記事一覧

ページトップへ