LOADING...

POST

気づいたこと

映画「いのちの食べ方」を見て

こんにちは(^_^)
外出自粛生活が続いている坂本梨紗です。
メイン画像は、
家の近くに咲いていたツツジ🌼
ふだん道端の花を撮ることってあまりありませんが
「花が咲いている」というささやかな事が嬉しくて
思わずパシャリしました。


皆さまはいかがお過ごしでしょうか?



最近おうちで生活する中で、
自分の身の回りの事で色々気づくことがありました。
どれも当たり前の事なのですが、
今日はそのことについて書きたいと思います。




まず、心の運動としてほぼ毎日見ている映画から。
先日「いのちの食べ方」という作品を見ました。
(日本では2007年公開のドイツ映画)


野菜や果物、お肉にお魚…
私達が普段口にするものは
どこでどう作られ食卓に届くのか。
生産現場とそこで働く人々のドキュメンタリー映画です。


自分のとても身近な事なのによく知らない事実。
海外の作品なので、
日本と多少の違いはあれど
「こうやって私たちのもとに届くんだ!」と
とても興味深い事だらけでした。


この映画には、
BGMもナレーションもインタビューもないため
その分映像の力がとても強い作品です。


この映画の原題の直訳は
「わたしたちの日々のパン(糧)」
邦題は、原題と少しニュアンスは違うものの
植物であれ動物であれ私たちは命を頂いていて
それが自分の生命の糧になっている事をひしひしと感じました。


今は頻繁にお買い物に行けないので食品を多めに買うことも多いのですが
食品を余らせたり、残したりしないよう
「使いきる」「食べきる」事を
しっかりしたいと思います。

特に、私は一人暮らしで
食品が余りがちになるので気を付けなければ!


食卓を支えるために頑張ってくださっている方々に改めて感謝し、
「いただきます」の気持ちをいつも忘れないようにしたいです。

プラスチックがいっぱい!


今使っているマイバッグです!折り畳んで小さく出来ます✨
次に気づいたのが、

「プラスチックゴミがよく出るなぁ~」

ということ。


我が家は、可燃・不燃・プラスチックと
同じサイズの3つのゴミ箱があるのですが、
真っ先にパンパンになるのがプラスチックのゴミ箱!
①プラ
②可燃
大きく離れて
③不燃

という感じです。。


スーパーで食品や日用品を買い、
家で品物を取り出すと
すぐプラ容器でゴミ箱がこんもり(×_×)

いかに身の回りにプラスチックで包装されているものが多いか分かります。



プラスチックはとても便利で、
今の生活にはないと困ります。
でも、過剰な分は減らす努力をしなければ…


こんもりしたゴミ箱を見ながら考えてしまいました。


今私は「脱・うっかり」を目指して頑張っています!
というのは、
買い物の時に必ずマイバッグを持っていく!

…これ、出来そうで出来ていなかったんですよね(・・;)


あとは飲み物をお家で作って
ペットボトル飲料を買いすぎない、
ゴミの分別をしっかりする、


小さい事からコツコツと。
頑張るぞーo(`^´*)

看護師さんはスーパーヒーロー✨


お話は変わりますが、
先週、芸術家バンクシーの新作が公表されましたね!

小さな男の子が、マントをつけた看護師さんの人形を持っているこの絵…
うしろのおもちゃのカゴにはバットマン(?)などのヒーロー達が。。

この大変な状況に立ち向かう看護師さんを、
男の子はどんなヒーローよりもカッコいいと思って選んだのかな?(*´-`)
看護師さんはもはや、白衣の天使ではなくスーパーヒーロー✨ですね!


どの国でも、
医療従事者の皆様の大変な日々を想うと
とても胸が痛みます。

私自身は、
不要不急の外出を控え
3密を避け、
感染しない事で
医療現場への負担が増えないよう
自分の健康に責任を持って行動したいと思います。




また
緊急事態宣言で
お店の営業を自粛せざるを得ず
生活が困窮している方が
私の知り合いの方にいます。

明日の生活さえ分からない、
先の見えない状態に置かれている方の不安は
計り知れません。
どうかその状況が一秒でもはやく解決されるよう
心から願っています。



ブログを皆さまも、
引き続き健康に気を付けてお過ごしください。



それでは(^-^)/

記事一覧

ページトップへ