LOADING...

エンタテインメント情報

POST

秘密ノート㊙️

こんばんは✨


10月に突入!

この時期だと例年は
『そろそろインフルエンザワクチンを打ちましょう!』
という話題がよく出ますが
コロナで頭がいっぱいで
つい忘れがちになってしまいます😓


コロナワクチンにインフルワクチンに…
何だか大変ですよね(@_@)


引き続き、心&体をしっかりケアして
健康には気をつけて行きましょう‼️

~韓国映画の世界~

さてさて、
最近立て続けに韓国映画を観ました。

私はたまに直感がピーン!と動いて、
突然観たくなる映画があります。
「今観なければ…!」という気持ちになるんですね。
不思議~。


今日はその映画達についてお話したいなと思います!


今回は韓国映画に惹きつけられて一気に3本観ました。
3作品すべてに共通しているのは
実際に起きた事件を元にした映画という事。


殺人事件、虐待事件…。
かなり重いテーマで深い内容が描かれています。
それだけ見応えも十分なんですが
ショッキングな出来事、シーンが出てくるので
苦手な方はご注意くださいねm(__)m


あと感想がネタバレになってしまうかもしれないので
作品をご覧になってから読んでいただくほうが
良いかもしれません!


ではではどうぞ(´ω`)↓

①カエル少年失踪殺人事件(原題:Children…)

【監督】イ・ギュマン
【脚本】イ・ヒョンジン、イ・ギュマン
【出演】パク・ヨンウ、リュ・スンリョン、ソン・ドンイル 他

【ストーリー】
韓国の三大未解決事件のひとつを映画化した衝撃のサスペンス映画。
1991年3月26日、
「カエルを捕まえに行く」と言って出かけたまま
5人の小学生が行方不明になってしまう。

ソウルから左遷されたMBS放送のカン・ジスンは
事件の真相をスクープしようと目論み、
事件の犯人像の分析を行っていたファン教授に協力を依頼。
教授は失踪した小学生のひとり・ジョンホの父親が
犯人ではないかと怪しみ、捜査を進めていくが…。


【私の感想】
ずっと気になっていたんですが、
概要を見て怖くて中々観られなかった一作。

実際にこんな事件があったなんて本当に恐ろしいです…。
とても残虐な話ですが、
興味を引きつけられる展開で一気に見てしまいました。


とにかく俳優陣の演技が素晴らしいです!
すべての登場人物に目を奪われます…!
主人公カン・ジスンを演じたパク・ヨンウさんは
物語が進むにつれての主人公の心の揺れ動きの表現が絶妙で、
思わず感情移入して胸が締め付けられました。

ファン教授を演じたリュ・スンリョンさんは
画面の中での重厚な存在感、
まるでこちらを射抜くような目の演技が印象的でした。

犯人の一人として疑われる人物を演じたパク・ビョンウンさんは、
終盤でカン・ジスンと対峙ずるシーンの表情が…!!
本気で震え上がりました。。。

ラストのシーンで失踪した子どもの母親が、
カン・ジスンに向かってぽつりぽつりと話し始め
泣きながらの訴えに変わる台詞は
この映画に込められた大きなメッセージだと思います。
事件を忘れてはならないことを痛切に感じました。

②殺人の追憶 MEMORIES OF MURDER(原題:サリネ チュオク)

【監督】ポン・ジュノ
【脚本】ポン・ジュノ、シム・ソンボ
【出演】ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイル 他

【ストーリー】
①と同じく、韓国三大未解決事件のひとつである
「華城(ファソン)連続強姦殺人事件」を元にしたサスペンス映画。

ソウル近郊ののどかな農村である日、若い女性の裸死体が発見された。
その後も同じ手口で女性が狙われる事件が相次いで発生。
現地には特別捜査本部が設置され、
地元の刑事パク・トゥマンと短気な相棒チョ・ヨング、
そしてソウル市警から派遣されたソ・テユンが事件解決に挑むが、
パクとソは何もかもが対称的で度々衝突し捜査も行き詰まる。
そんな中1人の有力者が浮上するが…。


【私の感想】
「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督作品ということで
どんな作品なのか興味深々で観ました。

非常に不気味で、そして深く考えさせられる作品でした。
①と同じくこちらも俳優陣が素晴らしく、
リアリティと緊迫感がもの凄いだけに本当にゾッとしました。

犯人とおぼしき人物を捕まえては拷問で自白させるという
とんでもなく酷い捜査方法に胸が痛みながらも
捜査が難航する中で、
登場する刑事さん達と同じように
色々な事にイライラし、悲しくなり、もどかしくなりながら観た作品でした。


また、匂い立つような映像や演出が印象的でした。
降る雨の匂いや刑事さん達の汗の匂いが
今にも画面の向こうから漂ってきそうなんです。

そしてラストのパク刑事の目つき…。
頭から離れません。


※ちなみにこの事件、最近になって犯人が特定されたそうですが
様々な事情で捕まえる事が出来ないんだとか…。
私も大好きな「あるごめとりぃ」さんで取り上げられていました!
興味のある方、ご覧になってみてください↓

③幼い依頼人(原題:オリン ウィレイン)

【監督】チャン・ギュソン
【脚本】ミン・ギョンウン
【出演】イ・ドンフィ、ユソン、チェ・ミョンビン 他

【ストーリー】
韓国で実際に起きた虐待事件を元にしたヒューマンサスペンス。

出世することだけを望んでいる弁護士のジョンヨプは、
ロースクールを卒業した後就職でつまづき
臨時で児童福祉館で働くことに。
そこで継母から虐待されている姉のダヒン&弟のミンジュンに出会う。
やる気のないジョンヨプだが
嫌々ながらも自分に懐く2人と交流を続ける。
しかし、法律事務所への就職が決まり
2人と会う事がなくなったジョンヨプだったが
ある日弟のミンジュンが死亡した事を知る。
さらに姉のダビンが「私が弟を殺した」と自白する…。


【私の感想】
最初、これが実際に起きた事だとは信じられませんでした。
それほど恐ろしい物語です。
この映画の中は当然演技なんですが、
継母役のユソンさんの演技が本気で怖くて、
あまりに酷くて目を覆いたくなる程でした。

考えさせられるのは、
子どもがSOSを出していても手を差し伸べない大人たち、
見て見ぬふりをする大人たち、
その責任の重さです。
同時に、こうした家庭の中で起こる問題に
他者が介入する事の難しさも感じました。
韓国でも年々虐待の件数は増え続けているそうで
こうした社会問題を改めて考えるきっかけになりました。
そして愛は、決して家族がだけが与えられるものではなく
意志があれば、誰でもが誰でもに与える事ができるものなんだと、
当たり前のことなんですが思いました。

ダビン役のチェ・ミンビョンちゃんの演技が本当に素晴らしかったです。
あと、ゴリラがグッジョブでした🦍!!

いかがでしたか?


エコバッグに自ら入るるな🐈️ミッキーさんのが気に入ったみたいです笑
以上、私が最近観た韓国映画3作品をご紹介しました。

どれも重い内容なので
読み進めるのも大変だったかと思います(◎_◎;)
ここまで辿り着いてくださりありがとうございました🙇

お礼にるなの写真です🐈️


でも本当にどれも素晴らしい映画です。


最近は映画の内容を通して本当に色んなことを考えさせられます。
感情や気持ちが揺さぶられるってすごい事で、
そういう作品を作っている方々もまた
本当に素晴らしいと思います。


ちなみにメイン画像の秘密ノートは
私の『映画ノート』です♪笑
何にも秘密でなくてすみませんm(_ _)m
観た作品と感想をメモ程度に書き留めています😄
そうしないと忘れちゃうので…笑


韓国と言えば…先ほど配信した「SHOWBIZ REPORT」では
韓国の最新映画ランキングをお届けしています!
良かったらぜひ見てみてください(*^^*)


そして明日は
『中外製薬プレゼンツ坂本梨紗のヘルシー・メルシー!』

ニッポン放送で19時から放送です♪
健康たっぷりの1時間!
健康情報、病気の知識のお話についてはもちろん
ゲストに 山崎まさよし さんをお招きいたします✨
どんなお話が聴けるのか、とても楽しみです~(*^^*)



では明日、お耳にかかれますように…😌


るなは毎日平和でーす♪

記事一覧

ページトップへ