LOADING...

POST

「ラジオディレクターたち」のブログはじめます

東京のラジオ局で番組を作っているディレクターたちがいっぱい所属しています

ミックスゾーンでラジオディレクターをしています生江(なまえ)と申します。

ミックスゾーンには現場でラジオ制作を行っているディレクターが35名所属しています。この数は、日本国内の制作会社としては屈指の人数だと思います。

番組も朝の報道番組から、オールナイトニッポンといった人気深夜番組まで首都圏のステーションで硬軟織り交ぜて様々な番組を手掛けています。

もしかしたらあなたがご愛聴いただいている番組の担当をミックスゾーンのディレクターがしているかもしれません!・・・そんな番組制作の裏話などをこのブログで報告していければと考えています。

今日は、ほんの少しだけ私の仕事模様をお届けします。ある意味、プロトタイプです。業界的に言うとランスルー、ゲネプロだと思って読んでくださいね。(本番ではないリハーサル的なもの)

ラジオ局に出入りしているのでディレクターは24時間営業です


当たり前ですが正確な放送局の時計
言われてみればお気づきかと思いますがラジオ局でオンエアされている番組は基本・24時間営業。(日曜深夜の休止枠があるだけ…)

そこで生放送を担当しているラジオディレクターの仕事時間は一般的なお昼のお仕事とは違って、早起きの人もいれば深夜1時から仕事をする人たちもいます。

私は現在、この4月からニッポン放送でスタートした新番組「飯田浩司のOK!Cozyup!」を担当しています。そのため、担当曜日の起床は午前2時!江戸時代で言うとことの丑三つ時ってやつです。

画像の時計は3時32分になろうとしていますが…これは午後3時32分ではなく、午前3時32分の時計なのです!

早朝番組から深夜番組までやっています


オールナイトニッポンゼロを放送中のスタジオ
ですから、横の生放送スタジオでは「オールナイトニッポンゼロ」(昔で言う『2部』←わかる人はオールドファンですねw)が放送されています。

必然的に準備中のBGMはオールナイトニッポンゼロになるということです。若者たちの弾けるトークを聴きながら、朝お届けするニュースのセレクトなどをしていたりするんですヨ。

もちろん、オールナイトニッポンゼロの担当ディレクターそしてミキサーは弊社ミックスゾーンの人間が担当しています。

そうそう私も10年前はバリバリの深夜番組ディレクターだったのですが、現在は真逆の早朝番組ディレクターとなっています。

これは、ラジオ業界あるあるなのですが新人時代から30歳前後までは若者がメインリスナーの深夜番組を中心に担当し、その後はオトナが聴く朝昼の担当へとなっていく…まぁ、作り手も歳をとるごとに移り変わるってことですね。
(あるあるであって、深夜番組をバリバリにやっているベテランディレクターもいたりもしますが!)

ディレクターの仕事もいろいろ


こちらはニッポン放送の報道部です。CozyUp!制作の本陣となっています。
今回は「24時間営業」なラジオディレクターについて書いていますが、ラジオディレクターと言ってもやることはいろいろです。

「イベントの進行」「WEB記事執筆」「外取材」「撮影」「本作り」etc…最近ではラジオ放送にとらわれないよりマルチな仕事ぶりが求められている職種でもあります。

そして、「ラジオCM」制作を専門としているラジオCMディレクターもミックスゾーンにはいます。放送とは違う、ラジオCMの世界がここにはあり…ラジオCM制作の奥深き世界もこのブログで伝えれればいいと思っています。

ミックスゾーンには、若手からベテランまで個性豊かなディレクターたちが所属しています。今後はディレクターたち『本人』によるブログ記事を発信していきますので是非ともミックスゾーンのディレクターたちに注目していてください!

記事一覧

ページトップへ